観音ガールの南無なむ日々 

はじめまして。こちらは滋賀県長浜市地域おこし協力隊観音ガールのブログです。長浜の観音文化をはじめ、歴史や仏像について色々綴っていきます。

MENU

【拝観】浄光寺レポート

【拝観レポート】浄光寺

 

10月に入り、観音まつりもグンっと近づいてきました!

今年は第“33”回ということで、

観音さんにとっても縁ある年です。

 

せっかく観音まつりが近づいておりますので、

長浜の仏さんをご紹介します!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

第33回 観音まつり総合パンフレットPDF

http://kitabiwako.jp/wp_sys/wp-content/uploads/2017/09/pdfjoiner.pdf

 

【関連イベント】

菩薩になって菩薩に会いにいこう! 

jp-ueda.com


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

仏像に詳しい方でしたら、

渡岸寺さんに、石道寺さんと尾山釈迦堂さんに冷水寺さんも…等々

お参りしたいお堂はたくさんありますよね。

私もまだまだお会いできていない仏さんがたくさんいらっしゃいます。

 

せっかくですので、仏さんの紹介でも出来たらと思います。

今回は高月エリアの仏さんです。

 

浄光寺(厳長寺)の仏像

こちらの仏さんは東京藝術大学で開催された観​音の里​展​Ⅱ​でもお出でになった方です。

お堂では

正面に十一面観音さん、

左右に阿弥陀さん・薬師さんの三尊がいらっしゃいます。

 

f:id:kanakotsushima0419:20171002210058p:plain

※こーんな感じ(『びわ湖・長浜のホトケたちⅡ』図録より)

 

どの仏さんもお顔が似ているように見えますね。

恐らく同じ仏師が彫ったと考えられます。

 

f:id:kanakotsushima0419:20171002210132p:plain

阿弥陀さん、十一面観音さん、薬師さん 

 

1. お顔立ち

お顔だけアップにすると目元、眉のかたち、鼻が特にそっくり。

でも、口元をよーくみると阿弥陀さんは少し引き結んだ感じで、威厳あるお顔。

同じ如来の薬師さんは口角が上がっていて柔らかい印象。

十一面さんは口元はあまり強調されていないなと思います。

 

ただし、十一面さんは如来のお二方(阿弥陀、薬師)にはないポイントが…

 

f:id:kanakotsushima0419:20171002211743j:plain

 

2. ファッション性

制作年代が室町時代とはいえどもこの色彩の鮮やかさこそ、

 この観音さんの素敵なところ。

衣(観音さんが着ている服)がとってもオシャレ 

文様も独特で緋色が映えます。

また、観音さんがもっていらっしゃる花瓶のようにみえます

水瓶(すいびょう)にも蓮の柄がありますね。

まるでステンドグラスのようです。

また、胸にある飾りは細工ではなく描いたことに仏師のこだわりを感じますね。