観音ガールの南無なむ日々 

はじめまして。こちらは滋賀県長浜市地域おこし協力隊観音ガールのブログです。長浜の観音文化をはじめ、歴史や仏像について色々綴っていきます。

MENU

【徒然】仏像をみる楽しみ

良い季節には素敵な仏縁を

長浜はここ数日でグンっと寒くなりました。

昨夜の気温はなんと13度!!

 

でしたが、

本日はお天気も良いので気分転換に

「己高閣・世代閣」さんへお参りして参りました!

そこで出会った世話方さんとのお話をご紹介します。

 

1. 己高閣、世代閣とは

 

f:id:kanakotsushima0419:20170930000243j:plain

己高閣

 

己高閣(ここうかく)

己高山鶏足寺(こだかみやまけいそくじ)の仏さんを安置している収蔵庫

世代閣(よしろかく)は

世代山戸岩寺(よしろざんといわじ)の仏さんや古文書等を収納している収蔵庫

のことです。

 

ちなみに鶏足寺、戸岩寺ともに現在は廃寺となっております。

鶏足寺跡は紅葉の名所です…

鶏足寺(旧飯福寺) | 長浜・米原・奥びわ湖を楽しむ観光情報サイト

 

ちなみにこの世代閣は国の補助などなく、

村人の浄財のみで建てられたそうです!

 

2. 本日のキー 「破損仏」

 

f:id:kanakotsushima0419:20170930001603j:plain

参考:安念寺 いも観音 

 

世話方さんとは、いろーんなお話を致しましたが、

「破損」について世話方さんらしいお言葉を聞きました。

 

一般的には「破損仏」とは文字の通り

部分的に傷ついたり、壊れた仏さんを意味します。

度重なる戦乱や廃仏毀釈などの原因がよくあります。

 

この「破損仏」について世話方さんの解釈ですと

「ただ、それは仏さんを“モノ”としてみた時であって、

 文化財等で分類するときの見方でありますが、

 私たちからするとどんなお姿でもお話は聞いてくださるし、

 見守ってくださる。

 だから“仏さんは壊れたりしない”のです。」

 

f:id:kanakotsushima0419:20170930001726j:plain

『仏像集成 滋賀』世代閣 十二神将 

 

視覚的に壊れていても、中身は壊れていない。壊れない。

これの観点は

仏さんに対してだけでなく、あらゆることでも言えることですよね。

表面だけを捉えたら、本質を捉えることはできない

と、言われている気がしました。

 

「“仏像”をみる楽しみ」とは

その仏像のお顔だけでなく、指やあったであろう腕など

細かいところまで「みて」

この仏像がそこにあり続けた意味を想像することが

楽しくてしょうがないまめかなでした。

 

f:id:kanakotsushima0419:20170930001942j:plain

『仏像集成 滋賀』世代閣 薬師如来