観音ガールの南無なむ日々 

はじめまして。こちらは滋賀県長浜市地域おこし協力隊観音ガールのブログです。長浜の観音文化をはじめ、歴史や仏像について色々綴っていきます。

MENU

【お知らせ】観音まつり2018閉幕!過去最高の来場者数を更新

続報!

観音まつり2019が開催されます!

詳細まとめページはこちらから!

www.kannongirl.com

1.観音まつり大盛況でした!

f:id:kanakotsushima0419:20181017215805j:plain

ななな、なんと今年、巡回バスは450名を超える参加者が!

観音の里展を開催した年以上の方がお越しになりました!

過去最高の来場者数を更新しました!!

 

朝晩はひんやりな長浜。

観音まつりは秋晴れの下、カラッと爽やかな1日となりました。

お越しいただきました皆様、ありがとうございます!

 

▼観音まつり2018詳細情報はこちらから!

www.kannongirl.com

 

f:id:kanakotsushima0419:20181017215913j:plain

私は終日、渡岸寺観音堂境内にて門前市に出店し、仏像関連グッズを販売していました。

私にお声かけくださった方の多くは、今日の観音巡りのご相談などの対応をしました。

勝手に観光窓口状態でした。

2.お越しの皆様の反応

たくさんの方々にお越しいただきました観音まつり。

 

年に一度の観音フェスを楽しんでいただけたようでよかったです!

驚いたことに「おうちでご開帳」へのウケがよかったです。

f:id:kanakotsushima0419:20181017220603j:plain

門前市に出店していた高月町のおっちゃん方も大きめの紙袋を持った人が通る度に、

「おい!また売れたみたいやで!!?」

と地味に盛り上がったとか。

3.地元の皆さんの反応

今年は台風の影響で、お堂でご開帳できなかったお堂もありました。

ご開帳できたお堂でも、境内が大変な被害に遭ったところもありました。

そんな中、今年は台風被害についてご心配されるお参りの方々が多かったとのこと。

f:id:kanakotsushima0419:20181017221632p:plain

「参加者の方々からお声かけいただき、観音さんのことを思っている人が村の外にもいらっしゃることが嬉しい。」

 4.来年は10月20日開催

f:id:kanakotsushima0419:20181017220637j:plain

来年の観音フェスは2019年10月20日です!

ひとまず、今年のお祭りは終わりましたが、来年に向けて新しいグッズやイベントを企画したいなと思っています!

 

 

 

 

 

【特集 観音まつり2018まとめ】随時更新!

今年もやってきます!

「観音の里ふるさとまつり」

 通称、観音まつり!!

f:id:kanakotsushima0419:20180713192350j:plain

今年のパンフレットはなんと竹蓮寺の宝冠阿弥陀如来さん!!

どっしりとした重量感ありつつも表情が柔らかくキュートな口元!

女性に大人気の仏さんです!

 

続報!

観音まつり2019が開催されます!

詳細まとめページはこちらから!

www.kannongirl.com

 

 

1.観音まつりとは

年に一度だけ、普段なかなか拝観できない仏さんが一斉御開帳されます。

この日は全国各地の仏像ファンの方々が長浜に集う、まさに仏像フェスです!

観音の里ふるさとまつり2018 | 長浜・米原・奥びわ湖を楽しむ観光情報サイト

http://kitabiwako.jp/wp_sys/wp-content/uploads/2018/06/55175eaf0782947d3b936905ff9eab54.pdf

それはお守りされている“世話方”さんたちが、「色んな方に仏さんとご縁を結んでいただければ…」というお優しい思いのもと、毎年開催されております。

 

2018年、観音まつりに参加するお堂MAPはこちら!

drive.google.com

 

 STUDIOこほくで初心者の方にもわかりやすく紹介しました!

 

昨年の様子はこちら↓にまとめております。

www.kannongirl.com

 

2.様々な巡り方

観音まつりの楽しみ方は様々。

ご自身に合った巡り方をされることをお勧め致します。

 

(1)初めての方にオススメ!周遊バス

周遊バスとは簡単にいうとバスツアーです。

全てのバスに地元ボランティアガイドさんが同乗されます。

それぞれのコースによって特徴があります。

 

http://kitabiwako.jp/wp_sys/wp-content/uploads/2018/06/43b64cfea25cae956a4896879957e2a4.pdf

※全て1台あたり25名で巡ります。

高月町内の観音堂全てを巡るお得プラン!

初めて観音まつりに来られる方は「観音の里」を知るのに最適なプランですね。

ただし、数を巡る分1ヶ寺あたりの時間が平均10~15分ほどとやや短めです!

どこにどんな仏さんがいらっしゃるのか、知りたい方には適したコースです。

  • Bコース 拝観時間長めに設定13ヶ所巡る ※余裕あり!

高月町内の観音堂を中心にそれぞれ拝観時間平均20分ほどで巡ります。

浅井氏ゆかりの小谷丁野観音堂にいくバスツアーはBコースだけ!

あとでご紹介します巡回バスにも入っていませんので、気になる方は是非こちらのコースをお勧めします。

http://kitabiwako.jp/wp_sys/wp-content/uploads/2014/03/90512c456b55f13745390532c44dc402-682x1024.jpg

  • Cコース 拝観時間長めに設定16ヶ所巡る ※残り5名

高月町内の観音堂をそれぞれ拝観時間平均20分ほどで巡ります。

昨年から新たに参加した東阿閉薬師堂と光明寺は観音まつりの日だけにご開帳します。

東阿閉薬師堂はモロコ祭りをする湖国らしい土地。

地元の方に是非、モロコ祭りについて聞いてください!

f:id:kanakotsushima0419:20180713185647j:plain

  • Dコース 指定文化財12カ所巡る ※残り1名

国、県、市指定文化財の仏さんたちを巡ります。

菅山寺所蔵の文化財は弘善館にあり!

木心乾漆造の十一面観音さんが有名ですが、実は伝平安の五大明王さんがとてもかっこいいんです。

f:id:kanakotsushima0419:20180713185258j:plain

  • Eコース 神仏判然令に関連する9カ所巡る ※残り8名!

Eコースはテーマ、ストーリー性あるコースです! 

明治維新の際に「神仏判然令」が出され、廃仏毀釈が全国各地で起こりました。

湖北も例外ではない中、村人たちがどのような思いで守り抜いたのでしょう?

こちらは平均拝観時間が30分ほどと拝観者の方々にゆっくり仏さんと向き合うコースです。 

f:id:kanakotsushima0419:20180713185436j:plain

  • Fコース 高月から西浅井まで2日間で17ヶ所巡る ※満席

Fコースもテーマ、ストーリー性あるコースです!

こちらでは、今年国宝に指定された『菅浦文書』の舞台

菅浦集落へ行くコースです。

菅浦の阿弥陀寺から見える景色は中世から、500年前から変わらぬ景色です!

また巡回バスにもない源昌寺さんもお勧めです! 

f:id:kanakotsushima0419:20180713185517j:plain

 

周遊バスをご利用を検討されている方は参加したいコース名、氏名、住所、電話番号を

淡海ツーリストにFAXにて送ればOKです!

 

↓詳しいことはこちらまでお電話を!

淡海ツーリストセンター

TEL    0749-85-6511

FAX    0749-85-6512

Email  tankai@travelmate-shiga.com

 

(2)予習必須の巡回バス

当日運行される巡回バス(シャトルバス)。

なんと拝観料込みで乗り降り自由で

1500円という驚きの価格!?

 

ⅰ、ⅱ、ⅲ、ⅳとコース分けされていますが、これはあくまで当日お越しでどのように巡ったら良いかわからない方向けに「同じコースのバスに乗れば、バスツアーのように楽しめますよ。」という意味です。

 

この巡回バスは高月駅木ノ本駅を起点に北近江リゾートで乗り換えが可能です。

周遊バスと異なり、自分で自由にカスタムできるので、自分の好きな観音堂を自由に巡ることができます。

http://kitabiwako.jp/wp_sys/wp-content/uploads/2018/06/ff85e2168228f6405f134f5d4ffd26b4.pdf 

 

巡回バス時刻表を特別に公開!!

f:id:kanakotsushima0419:20180929185128p:plain

(3)観音の里を知る!自転車

レンタサイクルは500円!電動自転車は1000円!

いやいや観音まつりといっても 、土地柄を、景色を、地元の食堂を楽しみたい!

という方にお勧めの自転車。

パワーを感じる村社の神社やご飯屋さん探しをしてみては?

リストはこちらからご確認ください。

http://kitabiwako.jp/wp_sys/wp-content/uploads/2018/05/dfec0490326dca4213cd01ad3210e53b-2.pdf

(4)時は金なり!タクシー

団体は苦手。

巡回バスが人数が多かった時に乗れないかもしれない。 

常に快適に巡るならタクシーが一番!

地元密着の伊香タクシーさんはホスピタリティたっぷり

長浜市タクシー伊香交通

3.関連イベントについて

(1)観音まつりのプレイベント開催決定!

※終了致しました。

観音ガールより観音まつりの楽しみ方をご紹介します。

また「観音の里」たる所以を独特の祭などをご紹介しつつお話致します!

 *********************************

日時:2018年8月5日(日)13:30~15:30

会場:台東区上野区民館(台東区池之端1丁目1-12)4階(401集会室) 

参加費:無料

お申し込み:メールにお名前とお電話番号を明記の上、

info@nagahama-kannon-house.jpまでメールにてお申し込みください。

折り返し受付完了通知をメールにてお送り致します。

 

詳細は下記のリンクにて!

www.nagahama-kannon-house.jp

  *********************************

 観音ガールって何者や?という方はこちらをご覧ください。

 (2)初心者向けイベント開催

仏像の見方の一例として、「ホトケさんとお友だち」感覚を伝授します。

細かい知識がなくても、ホトケさんと出会うことはできる!

ホトケさんの良いところ見つけよう!というイベントです!

▼詳しくはこちらから

f:id:kanakotsushima0419:20181012100603p:plain

お手数ですが03-6806-0103までご連絡くだ

4.門前市について

ちなみに、観音ガールも出店します!

認定NPO法人「つどい」さんと同じブースで販売しております。

そこでは、観音ガールオリジナルグッズを販売します!

(1)おうちでご開帳

高月観音堂世話方さんと等身大のお土産を作りました!

www.kannongirl.com

(2)ZYOBUTSU 100% Tシャツ

西浅井から滋賀が熱くさせているONESLASHとコラボ!
「Wash _tag」洗濯表示のようなデザインで、日常的に使いやすいTシャツ!
仏友さんと会うとき以外にも着たい!という要望にONESLASHが応えてくれました!

 

「フラッシュはあかんよ」「33年に一度の結縁しましょう」など書かれ、それらをコンプリートしたら仏となるでしょう!という意味を込めています。

f:id:kanakotsushima0419:20181008134228j:plain

(3)「仏を身につけ街にでよう」仏像ピクト

また、今回はなんと仏像ピクトさんにもご協力いただき

仏像ピクトグッズも販売致します!

それもなんと十一面観音バージョンが出るそうです。

butsuzopict.thebase.in 

(4)観音の里念持仏カード

観音まつりの日より、22のお堂にて念持仏カードが販売されます。

それぞれのお堂にお参りしないとゲットできません!

こちらはコーディネーターとしてお手伝いしました。

詳しくはNPO花と観音の里までお問い合わせください。

自動代替テキストはありません。

 

5.観音まつりお問い合わせ先

・観音まつりについて

長浜市北部振興局地域振興課内

観音の里ふるさとまつり実行委員会

TEL     0749-82-5900

Email   hokubu-chiiki@nagahama.lg.jp

 

・周遊バスツアーについて

淡海ツーリストセンター

TEL    0749-85-6511

Email  tankai@travelmate-shiga.com

 

6.観音まつり2018パンフレット

 

  • 観音まつり2018 表紙裏表紙

http://kitabiwako.jp/wp_sys/wp-content/uploads/2018/08/74af978c4a46abe42c0b68d1d142af7d-1.pdf

 

  • 観音まつり2018 周遊バスツアー・巡回

http://kitabiwako.jp/wp_sys/wp-content/uploads/2018/08/3db4cbf45230b33271ade6d3fd541886.pdf

 

  • 観音まつり2018 拝観料一覧(10月14日限定) 

http://kitabiwako.jp/wp_sys/wp-content/uploads/2018/07/edcdc146d38b49894f436d8c99c4aa8d.pdf 

その他、随時情報を更新致します!!

 

【台風によるまつり当日の観音堂拝観状況】

落川、横山の観音さんは高月観音の里歴史民俗資料館にて拝観となります。

f:id:kanakotsushima0419:20180929184901j:plain

f:id:kanakotsushima0419:20180929184920j:plain

 

◉詳細は長浜観光協会北部事務所までお問い合わせください。

TEL0749-82-5909  mailkanko@okubiwako.jp

 

7.観音まつり2018開催報告はこちら!

今年は過去最高の参加者数を更新しました!!

www.kannongirl.com

 

【お知らせ】西圓寺33年に一度のご開帳

 西圓寺33年に一度のご開帳されます!!

http://www.saienji.com/img/topimg-gokaicho.jpg

滋賀県米原市

東海道新幹線のひかりが停車する駅がある。

醒ヶ井の梅花藻がインスタ映え

ヨモギが有名?らしい。

 

滋賀県民以外、多くの方は米原を知らないだろう!

そんな米原市内にある西圓寺で、33年に一度のご開帳が行われます!!

▼10月27日に早速拝観してきました!レポートはこちら!

www.kannongirl.com

 

f:id:kanakotsushima0419:20181010092544p:plain

ご住職からチラシをお送りいただきましたので、こちらの記事ではそのまま掲載させていただきます!

観音さんの拝観もそうですが、他にもいろんな催事があるようですので、覗いてみると楽しいかもです!!

f:id:kanakotsushima0419:20181010092603p:plain

 

f:id:kanakotsushima0419:20181010092623p:plainf:id:kanakotsushima0419:20181010092626p:plain

 

ちなみに西圓寺といえば絵とき観音が面白い…

合わせてご覧いただくと良いかと!

f:id:kanakotsushima0419:20181017223842p:plain

 

 

 ※詳しくは西圓寺さんにお問い合わせください。

www.saienji.com

 

**詳細情報**

【名称】大雄山西圓寺

【宗派】黄檗宗

【札所】びわ湖百八霊場52番札所

【住所】滋賀県米原市西円寺661

【電話】0749-52-5168 ご開帳実行委委員会

【駐車場】臨時駐車場あり

 

 

 

【徒然】「和歌山の文化財を守る」展へ行ってきました!

 仏像盗難をテーマとした展覧会

f:id:kanakotsushima0419:20180925222524j:plain

和歌山県立博物館にて、恐らく日本初の展覧会が開催されています。

それは

「和歌山の文化財を守る―仏像盗難防止対策と近年の文化財修理―」 

仏像盗難と防犯を訴える展覧会です。

▼公式HPはこちら!

https://www.hakubutu.wakayama-c.ed.jp/wakayama-bunkazai-mamoru/tittle.png 

和歌山県内で発生している仏像盗難の実態とその対策として取り組んでいる「お身代わり仏像」の事例が紹介されています。

新たな被害を防ぐためのアピールとして、実際に盗難被害に遭って取り戻された文化財を展示されています。

 

また和歌山工業高等学校和歌山大学と連携して3Dプリンターで製作している「お身代わり仏像」を活用した防犯対策の事例を紹介しています。

1.防犯の必要性を訴える!

f:id:kanakotsushima0419:20180925222214p:plain

「和歌山の文化財を守る」展の特徴は展示室内で写真撮影が可能であること!

仏像盗難被害を防ぐため、防犯対策の必要性を訴えるために、むしろ推奨していました。

情報を拡散して、1人でも多くの人に届けたい思いが伝わってきます。

2.展覧会開催の背景

(1)和歌山県内の仏像盗難被害

f:id:kanakotsushima0419:20180925222317j:plain

なぜ、このような展覧会が開催されたのでしょうか?

写真は2018年3月に盗難に遭ったお堂の様子。

 

「まるで剥ぎ取るように、引きずり出した形跡がありました。」

 

本展覧会の担当学芸員の大河内さんはお話しします。

その後、メディア、警察に協力をしてもらい捜索したところ、奇跡的に同年6月に取り戻されました。

 

このような盗難被害は今に始まったことではありません。

今から8年前、2010年春頃から翌年の4月にかけて、連続60件に及び仏像172体をはじめとする文化財の盗難事件が発生しました。

 

これは被害届に出ているものだけで、この件数なので実態はもっと多いとされています。現在でも60躯以上が盗難に遭っている状況です。

(2)所蔵者不明の文化財

f:id:kanakotsushima0419:20180925222635j:plain

仏像盗難の後、奇跡的に取り戻す事が出来ても持ち主が出てこない、所蔵者不明の文化財の展示もされています。

 

平成23年の4月に起こった盗難では80ヶ所以上が被害に遭い、43点が所蔵者不明のまま県立博物館にて寄託されています。

 

一つでも多く所蔵者の元に戻ることを願ってキャプションを通して呼びかけが。

キャプションとは展示物を紹介するパネルのこと。

本来、仏像の展覧会であれば、仏像の美術的紹介がされます。

しかし、ご覧の通り、「見覚えありませんか?」「ぜひお教え下さい」というような呼びかけがされています。

 

f:id:kanakotsushima0419:20180925222705j:plain
こんな立派な天部像まで、所蔵者が不明だなんて…

所蔵者不明になる理由は大きく2つ。

 

1つは所蔵者が盗難に遭っていることに気がついていない。

もう1つは自分の仏さんがわからない。

 

「自分の仏さんがわからない」どうしてだと思いますか?

開扉をする機会がないと、どんな仏さんが自分の村にいるかわかりませんよね。

また、村の仏さんの写真や寸法がわからないと、どれが自分の村の仏さんはわからないです。

 3.盗難の背景

(1)どんな犯人なのか?

f:id:kanakotsushima0419:20180925222731j:plain

でも写真のような180cm以上ある大きな仏像を盗るということは、犯人はルパンみたいな人?

いいえ、この仏像を盗った犯人はなんと83歳の男性。

おじいちゃん…。しかも1人で。信じられないですよね。

 

f:id:kanakotsushima0419:20180925222809j:plain

「犯人に先入観を持たないでください。」

大河内学芸員はお話してくださいました。

 

対馬で起こった外国人による仏像盗難事件。

メディアでも大きく取り上げられていましたよね?

www.nikkei.com

 ですが、「国内で起こっている盗難が全て外国人によるものである」というわけではありません。

少なくとも和歌山県内で起こっている盗難の犯人は日本人で、空き巣に近い人。

しかも最初から仏像は高額になるのではなく、転売を繰り返していくうちに高額になっていきます。

 

f:id:kanakotsushima0419:20180925222802j:plain

つまり犯人の元には大きなお金は入らないため、犯行を繰り返してしまうという悪循環が起こってしまい、盗難被害がさらに増えてしまったとのこと。

 

「価値ある仏像だから、盗むのではなく、手当たり次第犯行に及んでいます。だからどこで何を盗んだか覚えていないのです。」

(2)どんなところが被害に?

f:id:kanakotsushima0419:20180925222819j:plain

では、和歌山県内では被害が多発していますが、どんなところが被害に遭っているのでしょう?

それは、住職がいない無住のお寺、お堂です。

特に山間部のお堂の被害が多いです。

その背景にはお堂がある村の高齢化、過疎化。

高齢化、過疎化が進むと、まずそのお堂に仏像があることを知らない人が多くなります。

 

f:id:kanakotsushima0419:20180925223601p:plain

定期的にお堂に仏像がいらっしゃることを確認することが大切になります。

しかし、山間部の村からさらに軽トラで2~3km登ったところにあるお堂をご高齢の方が確認に行くのはなかなか大変ですよね。

 

ちなみに滋賀県長浜市内のお堂は難しい状況でありながらも、お堂をお世話する方が多いと5人ほど、いらっしゃります。

このように、それなりに管理できているところはさておき、管理体制が難しいと2年以上ご開帳していないところも和歌山県内ではあるとのことです。

 

4.防犯対策の一つとして

f:id:kanakotsushima0419:20180925223743j:plain

※向かって右側が実物の仏像

防犯対策として取り組んでいる3Dプリンターによって複製された「お身代わり仏像」が展示紹介されています。

この3Dプリンターによる「お身代わり仏像」和歌山県立和歌山工業高等学校和歌山大学と連携して製作されています。

 

f:id:kanakotsushima0419:20180925223837j:plain

それは、このままお堂に安置しておくのは怖い、そんなお話がある中、「お身代わり仏像」を村に納めて、本物の仏像を博物館に寄託するというものです。

 

「それって、仏像の本来あるべき姿を剥奪しているのでは?」

「偽物置いて防犯にはなるが、その地域になくてはならない存在を動かすのは…」

そんな意見も多いのではないでしょうか?

 

では村の方々のご意見はどうでしょう?

70歳が一番若く、次世代にバトンタッチできない状況の村では、

「やっと、安心して寝れる。」

f:id:kanakotsushima0419:20180925224401j:plain

また村の方々の元へ学生さんがお納めに伺うと、

「元の仏さんのように大事にするわ。」

「うちの村のために作ってくれたんか?ありがとう。」

そう零されるそうです。

 

f:id:kanakotsushima0419:20180925224334p:plain

「製作者が高校生、大学生なので、あの子が納めてくれた仏さんという思いが村の方々にも強く残ります。学生たちも人の役に立てているんだ、こんな状況のむらがあるんだ、と感じるきっかけになっています。」

と大河内さん。

 

3Dプリンターで製作した「お身代わり仏像」が新たに安置され、村では「ここから新たな歴史」が始まります。

そしてそれまでの歴史を語り継いでくれた仏像は博物館で、その歴史を語ってくださるのでしょう。

 

5.決して他人事ではない!文化財盗難被害

f:id:kanakotsushima0419:20180925224441p:plain

このような仏像盗難事件は決して他人事ではありません。

全国各地で起こっていますし、滋賀県長浜市でも起こっています。

長浜市内の仏像盗難

歴史遺産課 | 文化財盗難 | 長浜市

  

「売買方法の多様化+管理体制の脆弱化=盗難増加」

 

という負の連鎖が起こっています。

今は古美術商に行かなくても、ネットオークションで、仏像を簡単に購入することができます。

その中には、もしかしたらどこかのお堂から剥ぎ取ってきた仏像かもしれません。

 

高齢化、過疎化によってお堂の防犯体制が弱まってしまう。

本当に危機的状況になる前に、地元の仏像への愛着心を持つこと、今後について話し合う機会を作ることが大切だと思いました。

 

**************

企画展「和歌山の文化財を守る―仏像盗難防止対策と近年の文化財修理―」  

平成30年(2018)9月1日(土)~10月4日(木)

https://www.hakubutu.wakayama-c.ed.jp/wakayama-bunkazai-mamoru/tittle.png

 

「仏像を盗難から守るために」ポケットブック

f:id:kanakotsushima0419:20180925220551p:plain

 

**************

 

※「和歌山の文化財を守る」展の資料とミュージアムトークにて、大河内学芸員からお聞きした内容を元に記事を作成しております。あくまで盗難事例については和歌山県内で発生した事例です。ただ、文化財の盗難事件は決して和歌山県内だけで起こっているものではありません。

 

 

文化庁のHPに盗難文化財の情報公開が始まりました。 

www.bunka.go.jp

【拝観】菅山寺の仏像群 弘善館

余呉で仏像拝観といえば

菅山寺の諸仏、宝物を安置している弘善館。

こちらをご紹介。

1.  弘善館について

余呉町坂口にある赤い鳥居。

ここから菅山寺まで山道を徒歩50分歩きます。

菅山寺本堂へ行ってみたい方は登山スタイルでない危ないですよ。

f:id:kanakotsushima0419:20180122122140j:plain

 

※菅山寺登山についてはこちらにまとめました

www.kannongirl.com

 

こちらの鳥居から少し上がったところに

弘善館があります。

こちらは古民家を坂口の皆さんで

改修した収蔵庫です。

http://kitabiwako.jp/wp_sys/wp-content/uploads/2014/06/a02b5cc8ddc43a6f7206d31d0d5424461-300x225.jpg

 

2. 木心乾漆造の十一面観音

パッと見た瞬間、お顔と身体のバランスがおかしい?と感じました。

こちらの観音さんは何度か修復をされています。

f:id:kanakotsushima0419:20180122122043j:plain

 

ただし、足元にご注目!! 

 左右で衣のしわの入り具合が違いますよね?

向かって右は摩耗して滑らかになっていますが、左側はかなり厚みがありますよね?

実はここから木屎漆が検出されて、木心乾漆の観音さんであることがわかったそうです。

f:id:kanakotsushima0419:20180829200836j:plain

 

木心乾漆の技法は奈良〜平安時代初期の高度な技術です。

観音さんが長浜で制作されたのか、奈良で制作され納められたか。

詳しいことはわかっていないようですが、もしかしたら長浜に仏像工房があったのかも知れませんね…。

 

図録の写真を見ると、ただならぬオーラがあります。

▼『びわ湖・長浜びホトケたち』図録より

f:id:kanakotsushima0419:20180829205504j:plain

3.迫力ある五大明王

弘善館には平安時代制作の五大明王金剛夜叉明王を除く)が並びます。

 

然程大きくはないものの、目力と食いしばった歯、立体的な火炎。

威圧感たっぷりの不動明王

f:id:kanakotsushima0419:20180122121819j:plain

 

第三の眼がかっこいい大威徳明王

f:id:kanakotsushima0419:20180122121917j:plain

 降三世明王

f:id:kanakotsushima0419:20180122121950j:plain

軍荼利明王

f:id:kanakotsushima0419:20180122121829j:plain

どの明王も威圧感はあるものの、大きさが小さいこともあってどことなく可愛く見えてしまいます。

 

拝観される場合は長浜観光協会北部事務所に事前連絡が必要です。

詳細はこちらから。

kitabiwako.jp

 

 

【特集】初めての仏像拝観

仏像(ホトケさん)をみる時ってどこを見ればいいの?

 

しばしば、聞かれます。 

実際、私も仏像を好きになる前

仏像好きの方とご一緒に旅行した際に

 

「なぜ、この1体の仏像に30分も見つめていることができるのか?」

「顔をガン見したら怒られるのだろうか?」

 

などと悶々と考え、

何を見たのか覚えていないという

大変勿体ない経験をしました。

 

「やはり知識量のちがいかな・・・。」

と落ち込みましたが、

今にして思えば、知識の問題ではありませんでした。

 

こちらでは仏像を拝観する時、 

ここに注目するともっと仏像と出会いたくなる!

というポイントについて紹介します。

 

まず、仏像とご対面しました。

さて、どこからどう見たらいいのか。

 1. 悩んだら正面から拝観すべし

ホトケさんを拝観するわけですから、

やはりまず初めは正面から手を合わせて

心の中で「こんにちは!」をお声かけしてみましょう!

f:id:kanakotsushima0419:20180407212405p:plain

それだけでだいぶ緊張がほぐれます。

あとは黙って3分目を合わせるべし。

きっとどこか気になり始めると思います。

f:id:kanakotsushima0419:20180407222022j:plain

なぜ、おでこに丸いものがあるのかな?

指がおっけーしている。

目尻が誰かに似ている気がする。

 

そんな小さな発見をして考えて見ると

どんどんホトケさんのあれこれ気になってきますよ。

2. 左右で違うところを見つけよ

 

さて、正面から拝んでいたところで

様々な疑問が浮かんできました。

それをより深掘りするために色んな角度から

拝観してみましょう。

 

ホトケさんは正面から見ると

どうしても平面に見えてしまいますが、

仏像は三次元なので横から見るとその厚み、奥行きがわかります。

f:id:kanakotsushima0419:20180407213222j:plain 

横から拝観すると表情が一変します。

先ほど口角が上がっているように見えていても

横から見ると少し落ち着いた印象に見えたりします。

ちなみに左顔は創造性、女性面と言われることもあります。

3. ハードル高し!やや上から拝観

恐れ多くもやや上から拝観させていただける機会が

稀にあります。

博物館であったり、資料館、収蔵庫であったり。

そんな時はここぞとばかりにゆっくり拝観しましょう。

 

伏し目が可愛い、綺麗。

鼻筋通っているな 。

ホトケさんにも爪があるんだ。

f:id:kanakotsushima0419:20180407213133j:plain

本来、見られる視点ではないため、

他のアングルで拝観できないポイントに

製作者の個性が垣間見えたりします。

4. ベストアングル!下から拝み観よ

 拝むようにできているホトケさん。

「像としてではなく、もっと親しみを込めて拝観したい!」

 という方にはオススメのアングル。

f:id:kanakotsushima0419:20180407212903j:plain

 一気に重みというか神々しさが増します!

また正面からでは、顔と体のバランスや

手の大きさ、腕の長さがが少し不自然に見えていても

下から拝むとバランスよく均等に見えます。

 

下から拝むアングルが本来あるべき姿なので、

ホトケさんに何かお願い事や報告等

コミュニケーションをとられる時は

ぜひお堂では座って、資料館ではやや下から

お顔を拝観するといいですよ!

 

5. 最後に 注意事項

勉強不足でいくと怒られる…

そんな印象が強い世界ですが、

最低限のマナーさえ守っていれば、

どんな見方でも怒られることはありません。

f:id:kanakotsushima0419:20180407225116p:plain

仏像を管理されている方の許可なしで、

 

写真撮影したり、

ライトを当てたり、

触ったり、

その場で模写したり

 

することは厳禁です。

知らないこと、わからないことがあれば、

お堂を管理されている方やお寺さんに聞いて

大丈夫です!

 

私の方でも初心者向けの拝観イベントを

企画して参りますので、

ぜひご参加くださいませ!

 

 

【徒然】東京で観音まつりPR講演してきた!

8月5日に東京、上野区民会館にて講演をしてきました!

 

なんと来場者は60人超え!!

講演時間は1時間半!

内容は年に1度の一斉ご開帳「観音まつり」のPR!!

 

▼詳細はこちら

www.kannongirl.com

 

当初は30人くらいで観音まつりの攻略法伝授!!

という感じで考えていましたが、

なんと大きな会場と大きな尺を

確保していただきましたのでびっくり!

f:id:kanakotsushima0419:20180813162815j:plain

 

お暑い中、たくさんの方々がお越しになりました。

驚いたことにほとんどが「初めましての方」!

 

仏像リンクさんなどでお世話になっている方々も

お見えになりまして、嬉しい限りでした。

 

f:id:kanakotsushima0419:20180813162748j:plain

 

今回は「歴史文化講座」というタイトルですので、

ただ観音まつりのご紹介するだけではいけないということで、

「観音の里・長浜」って何?

ということを中心にお話をしました。

 

ご来場の皆様がどのくらい長浜を知っていて、

仏像を知っている方なのか?

 

話しながら、話す内容、言葉を選ぶ

いい勉強になりました。

f:id:kanakotsushima0419:20180813162801j:plain

 

もちろん、長浜のPRも大事ですが、

今回伝えたかったのは、観音堂のリアルなお話。

 

世話方はお堂に常駐しているのではなく、

普段は普通にお仕事へ行かれて、家族と過ごしている方々。

今回、お越しいただいた皆さんと同じ立場の人であるということ。

 

「明日の9時にお堂に行きます。来てください。」

と、前日の夕方言われたら、皆さんはどう思いますか?

 

「孫を海に連れて行く日なのに」

「仕事があるのに」

そんなことを思うのではないでしょうか?

マナーとして1週間前までに連絡が望ましいと

私は考えています。

 

「拝観料払うから、もてなされて当然」という場所ではないこと。

それをご理解いただきたいと思います。

 

多くの方々に来ていただきたいと思いながらも、

お互いが気持ちよく仏さんと縁を結ぶためには

お互いのことを知ることからです。

 

相手の状況を知らないが故に

お互いが嫌な思いをしたら勿体無いですよね?

f:id:kanakotsushima0419:20180813163847j:plain

 

…というようなお話もしつつ、

しっかり観音まつりPRして来ました!

いろんな巡り方がある「観音まつり」に

ぜひお越しください〜!!

f:id:kanakotsushima0419:20180813162736j:plain

【お知らせ】『み〜な』菅山寺特集を執筆

地域情報誌『み〜な びわ湖から』

最新号は菅原道真ゆかりの”菅山寺”特集!

f:id:kanakotsushima0419:20180418233603j:plain

菅山寺の歴史、自然、伝説など

ボリューム満点の一冊です。

 

有難いことに今回、

「菅山寺の仏像」について

執筆させていただきました。

 

1. 地域情報誌『み〜な びわ湖から』とは

湖北地域(長浜市米原市)とその周辺。

日常的なつながりの深い

西美濃地方や敦賀

さらに特集によっては

県外の情報も盛り込んでいます。

ちょっとマニアックでアカデミックな切り口で

特集テーマを追求するのが「み~な」の持ち味! 

 

http://www.n-miina.net/room.html

www.facebook.com

 長浜駅から徒歩10分ほどのところに

「み〜な編集室」はあります。

 

マニアックな分野をマニアックなライターで

企画し、取材してまとめています。

 

2. 菅山寺特集について

菅山寺は現在、無住。

堂宇と僧坊の跡地が残るのみ。

古文書や仏像などは山からおろし、

麓の里坊に保管されています。

 

そんな菅山寺で

昨年、事件がありました。

 

 

菅原道真手植えとの言われている

菅山寺のケヤキの古木が折れてしまったのです。

www.asahi.com

ケヤキの古木も菅山寺の歴史を

知るべく大切な存在でした。

 

ケヤキの古木だけでなく、

本堂をはじめ堂宇の傷みも著しく、

このまま菅山寺を伝えていく術が

なくなってしまうのではないか?

という思いがありました。

f:id:kanakotsushima0419:20180418233353j:plain

今一度、菅山寺を調査して

次世代に伝えて胃きたい

 

2017年の初冬に

菅山寺を事前に「み〜な編集室」の皆さんで

菅山寺へ行き、調査しました。

 

調査の様子、菅山寺についてはこちらから↓

www.kannongirl.com

余呉エリアについてはこちらから↓

 

今回、菅山寺特集では、

長浜城歴史博物館の秀平館長を取材するかたちで

菅山寺の仏像について執筆させていただきました。

f:id:kanakotsushima0419:20180418234732j:plain

※菅山寺里坊・弘善館にて

 

また、大河ドラマ時代考証でも

お馴染みの長浜城歴史博物館

前館長の太田浩司さんによる

菅山寺の総説もあり、

大変充実した内容になっています!!

 

太田さんが、5月3日KANNONHOUSEにて

国宝に指定された『菅浦文書』についてお話されます!

なんと無料!ぜひご参加ください!

www.nagahama-kannon-house.jp

3. 『み〜な』販売取扱店舗、その他情報

滋賀県湖北地域の本屋さんを中心に

販売しています。

こちらからみ〜なの買えるお店ご確認ください。

 

『み〜な編集室』の公式HPは

↓の写真からリンクします。

http://www.n-miina.net/room.html

 

ぜひ、お手にとっていただければ!!

と思います!

 

 

【徒然】原点回帰のため、日本仏教都・奈良へ

長浜で観光の話になると

京都・奈良と長浜を比べることがありますが、

京都・奈良との違いはなんでしょうか?

 

長浜のオンリーワンを見直すために

奈良へ行ってきました。

 

1. 1年ぶりの奈良

会社勤めの時は仕事に慣れることに

必死だったので奈良へ行くことは

ありませんでした。

 

いろんなご縁があって長浜へ移住し

半年が経ちました。

色々と事業展開することに

不安を抱きながらも

 

「これはやりたい」

「でもこれで生きていけるのかな」

と悶々としていました。

 

一度、原点回帰するためにも

やりたいことについて相談するために

 

そうだ、奈良へ行こう。

 

2. 奈良で自分の足跡を辿る

(1)仏像に魅せられた法華堂

荷物を宿に置き、

早速、向かった先は東大寺法華堂。

仏像愛の原点です。

 

法華堂に安置されている

天平時代の不空羂索観音さん。

像は大きく

切れ長の瞳

リアルな腕の太さ

 

何より1300年間立ち続けていることに

ものすごいショックを受けました。

 

https://iwiz-chie.c.yimg.jp/im_siggN1QmWUyJsl.L3MlDglxfOw---x320-y320-exp5m-n1/d/iwiz-chie/que-13161136513

 

今、拝観しても

その技巧と歴史に驚き「圧倒」されました。

 

後になって気がつきましたが、

拝観中、私は終始口を引き結んでいたのです。

それはどんなに表情を見つめていても

「緊張」「畏れ」を持っていたのでしょう。

 

http://ocn1.net/yamamtso/img032fukuu1.JPG

 

長浜で観音さんと対面するときは

あんなにもリラックスして

「観音さんお久しぶりです」

と言いたくなるのに。

 

きっとこの違いは仏像に対して

 

どのような「役割」をしていただき

どのような「人たち」が

どのような「想い」を向け続けたか

 

が影響していると思います。

 

(2)古代人になりたかった時代

夜はお水取りの聴聞へ行きました。

東大寺二月堂修二会・通称「お水取り」は

鎮護国家・五穀豊穣を祈る仏教儀礼です。

 

大学時代は日常生活では体験できない

異空間に魅せられ、

毎年東大寺二月堂お水取りへ行っていました。

 

f:id:kanakotsushima0419:20180311223832j:plain

(写真:東大寺二月堂修二会お松明)

 

松明が激しくもえるさまをみて

声明を聴聞して自宅で真似して

日常会話に仏教語を使ってみて

 

古代人にはなれないけど、

なりきってみるとどうなるのか、

試していました。

と言いながらも、今もそうですが。

 

今以上に「なりきるために」

没頭していました。

 

はじめこそ異空間が物珍しかったのですが、

自分の中にある古代人の記憶が
反応するかもしれない。

仏像を必要とした時代をもっと知りたい、

五感で感じたい。

 

そんなことを思いながら

毎年通っていたことを

思い出しました。

 

3. 仏像好きのオーナーと夜を明かす

f:id:kanakotsushima0419:20180311223950j:plain

 

今回の奈良滞在では「ゲストハウス琥珀

を利用しておりました。

琥珀のオーナー境さんは仏像が好きで

仏像好きの人が集まる場所を作りたい

という思いで立ち上げました。

nara-kohaku.com

 

そんな境さんと夜通しお話をしましたが、

「仏像の社会的意義」

「博物館と展覧会」

「幽霊」

 

どれもディープな会話でしたが、

話せば話すほど、自分が長浜へ移住してから

仏像との向き合い方、信仰に対する考え方が

変わってきたことがよくわかります。

 

今も違和感しかありませんが

何より「ホトケさん」ではなく「仏像」

という言葉を使うことに抵抗があるのです。 

f:id:kanakotsushima0419:20180311234312j:plain

(写真:長浜市南郷の観音さん)

 

私も長浜にホトケさん仲間が

集まるようにしたいです。

「あとは次の分厚い壁を破るだけですよ。」

眩しい笑顔に見送られ、

原点の奈良を出立しました。

 

 

【徒然】仁和寺と御室派のみほとけ展まとめ

今、仏像ファンの間で話題の

仁和寺と御室派のみほとけ展」についてまとめました。

最新情報更新!

展覧会観覧してきました!

1. 「仁和寺と御室派のみほとけ展」について

http://www.robundo.com/salama-press-club/wordpress/02/wp-content/uploads/sites/2/2017/12/bannar_1900_1100_S171018_187_1.jpg

  • 会期   2018年1月16日〜3月11日
  • 開館時間 9:30~17:00

         ※毎週金曜日、土曜日は21:00まで

  • 休館日  月曜日 ※2月12日は開館、2月13日は休館
  • 場所   東京国立博物館平成館

 東京国立博物館といえば

「運慶展」があり全国の仏像ファンを結集しましたね。

しかし、「仁和寺と御室派のみほとけ展」は

それに匹敵するほどの空間を堪能できる展示メニュー

となっています。

 

(1)公式情報まとめ

仁和寺と御室派のみほとけ展」公式HPはこちら

ninnaji2018.com

 葛井寺の真数千手観音さんの展示された様子はこちら。

 

 

(2)仏像ファン必見の仏グッズ 

そしてグッズも充実している模様。

千手アームを買って

リアル千手観音を再現するイベントとかできそうですね。

誰か一緒にやりましょ。

とにかく好きな人たちにはたまらないグッズですね。

togetter.com

※千手アームの販売は終了しました!

 

千手観音Tシャツは現在も販売されています。

「仁和寺展 千手Tシャツ」の画像検索結果 

 

 

(3)出品目録

出品目録はこちらから

展示替えもあるので要チェックです。

http://ninnaji2018.com/image/list_jp.pdf

2. 仁和寺と御室派のみほとけ展オススメポイント

http://www.robundo.com/salama-press-club/wordpress/02/wp-content/uploads/sites/2/2017/12/DNSw331U8AAmris1.jpg

(1)何と言っても秘仏の質と数!

会期中に展示される秘仏、本尊はなんと66躯!!

そんなに秘仏が集まって大丈夫なのかと思うほど。

にくにくしい重厚感たっぷりの

屋島寺の千手観音さん

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/h/hisatsugu79/20180116/20180116105355.jpg 

 

いかにも鎌倉仏な迫力の

中山寺馬頭観音さん

http://www.tnm.jp/uploads/fckeditor/exhibition/special/2018/20180116ninnaji/uid000276_2017111514304793a7a4f0.jpg

 

2月14日以降は

葛井寺の真数の千手観音

普段は観音さんの御縁日に拝観することができます。

しかし観音さんとの距離が遠く、堂内も暗いため

お顔がよく見えません。

今回は、そんな観音さんが360度拝観できるチャンスです!! 

f:id:kanakotsushima0419:20180209142110p:plain

仁和寺薬師如来が展示されます。

f:id:kanakotsushima0419:20180209141953p:plain

仁和寺からのバレンタインデーですね。

(2)国宝の仏画、書跡も出品

空海直筆の三十帖冊子や子島寺の両界曼荼羅など

国宝、重文クラスの仏画や書跡がズラリと並んでいます。

特に三十帖冊子は1月28日まで三十帖全てが展示されます。

 

https://cdn-news.asoview.com/production/article/bc708778-4edb-46f5-a3fa-88d8fe5aecc3.jpeg

 

3. 展覧会へ行ってきました!

(1)撮影OK!再現された観音堂

f:id:kanakotsushima0419:20180209135446j:plain

すでにご存知の方も多いかと思いますが、

再現された観音堂の展示コーナーでは撮影が可能です。

f:id:kanakotsushima0419:20180209140421j:plain

その近さ、暗さがまさに観音堂にいるような演出で素晴らしいですね。

仏像についつい目がいってしまいがちですが、

須弥壇の裏へ回って見てください。

埃やお線香の香りがしそうなくらいリアルな空間です。

f:id:kanakotsushima0419:20180209140520j:plain

地獄絵系ですごい描写がありました・・・

f:id:kanakotsushima0419:20180215113141p:plain

(2)観覧イチオシ!明通寺・降三世明王

明通寺の降三世明王には正面・左右・背面にお顔があります。

背面のお顔は明通寺本堂に伺っても堂内は暗いので

確認することが難しいです。

ですが、今回の展覧会では横から覗き見ることができるので

ぜひご覧ください。

ちなみに図録に写真で登場しないので、

目に焼き付けてください。

f:id:kanakotsushima0419:20180209141230j:plain

古寺巡礼京都〈11〉仁和寺 (1977年)

中古価格
¥1,000から
(2018/1/27 14:06時点)

(3)修法の世界が面白い

孔雀経に子島寺胎蔵界曼荼羅

然るべき人にしか伝えられない密教

その修法をこうして直近にみることができます。

「仁和寺展 曼荼羅」の画像検索結果

(子島寺胎蔵界曼荼羅

4. 展覧会レビューまとめ

仁和寺についてから説明していらっしゃるので

これから展覧会へ行かれる方にオススメです。

blog.imalive7799.com

 

早速、展覧会へ行かれた方のあつい感想をご覧ください。

butsuzodiary.hateblo.jp

 

特に葛井寺の観音さんが来られるタイミングで

混雑が予想されますが、

葛井寺を始め普段は

なかなか近くで拝観することのできない仏像が多いので

仁和寺と御室派のみほとけ展」は

何度も足を運びたい展覧会間違いなしです。

仁和寺の名宝: 特別展覧会宇多天皇開創 1100年記念

中古価格
¥797から
(2018/1/27 14:10時点)

 

5. 最新情報

(1)葛井寺千手観音搬出映像

国宝・真数千手観音さんが運び出される様子が

取り上げられました!

www.fnn-news.com

(2)ニコニコ動画にて展覧会場生中継

ニコニコ動画にて展覧会場生中継されます!

2月21日と2月22日18:30から放送!!

詳細はこちらから!

f:id:kanakotsushima0419:20180221220323p:plain

【徒然】びわ湖長浜 KANNON HOUSEにてギャラリートーク

2月4日、 KANNON HOUSEにて

長浜城歴史博物館・佐々木学芸員

ギャラリートークしてきました!

f:id:kanakotsushima0419:20180205222613j:plain

 

1.  KANNON HOUSEとは? 

上野駅より徒歩2分、不忍池のほとりにある

 「東京にある長浜の観音堂」です。

かつて不忍池は江戸時代、

寛永寺の開祖・天海が琵琶湖に見立て

竹生島を模した「弁天堂(中之島)」を築かせたという

長浜と上野の縁ある土地です。

詳しくはこちらから。

www.nagahama-kannon-house.jp

 

2. 【余呉エリア】国安光勝庵の観音さん 

現在、お越しになっている観音さんは 

余呉湖より北の北国街道沿いにある

総社・草岡神社の神宮寺である安養寺の観音さん。

現在は光勝庵に安置されています。

詳しくはこちらにて。

www.kannongirl.com

 

3.  話題は観音信仰の根源はどこからか

学芸員の佐々木さんより、

国安の観音さんについて詳しくご紹介。

その後、佐々木さんと長浜についてトーク

オコナイや野神信仰等の伝統行事やお祭りについて

皆さんも興味津々でした。

f:id:kanakotsushima0419:20180205221940j:plain

長浜の観音信仰の源流はどこから来るのか。

それは長浜の伝統行事やお祭り、気候から

生まれたことになんだか納得しました。

 すっきりされた表情でおかえりになりました。

観音さんについてもっと知ること

色んな方々に知っていただくこと

それには地域文化について

もっと理解を深めることが重要であると感じました。

 

【拝観】光勝庵 国安の観音さん

1月30日よりKANNON HOUSEにて

余呉町国安・光勝庵(安養寺)の観音さんがいらっしゃっています。

 

ちなみに今回私は

国安から上野まで観音さんとご一緒に移動いたしました。

 

観音さんがKANNON HOUSEに

到着されるまでをまとめました。

 

 

1. 国安の観音さんご出発

(1)余呉町国安について

余呉」というと最近は「日本のウユニ」で

有名な撮影スポット「余呉湖」があります。

shigatoco.com

余呉の積雪具合は余呉湖畔にある

隠れ家カフェ「の遊び」さんが

よく余呉湖の写真を撮られてUPしていらっしゃるので

ご覧ください。

https://scontent-nrt1-1.xx.fbcdn.net/v/t1.0-9/27459392_324451681391747_5323804685535082449_n.jpg?oh=0ecff9d7c2f0f696f68aa448b611e220&oe=5ADE3FDF

www.facebook.com

 

そんな余呉湖から車で10分ほどで国安自治会館があります。

観音さんをお迎えに伺った日は積雪40~50cmほど。

国安の方々が村の道を除雪してくださったので、

トラックも簡単に入ることができました。

f:id:kanakotsushima0419:20180131201645j:plain

 

(2)国安自治会館

さて、早速国安自治会館に入ると、観音さんは高い所に。

f:id:kanakotsushima0419:20180131201954j:plain

なかなか厳かな雰囲気の観音さん

拝観するときは少し距離があり、

お顔ははっきりと見ることはやや難しめ。

ふくよかなお顔がポイントですね。

f:id:kanakotsushima0419:20180131202036j:plain

 

(3)観音さんご出発準備

早速、観音さんの出発準備にかかります。

f:id:kanakotsushima0419:20180131202258j:plain

「観音の里展」で出展されて以来、間近でご対面するのは、

国安自治会の皆さんも初めてという。

観音さんのお顔をじっくりとご覧になりました。

f:id:kanakotsushima0419:20180131202534j:plain

 

「鼻筋が綺麗に通っていてほんまにべっぴんさんや」

自然と頭が下がり、手を合わせたくなる。

そんな観音さんの表情だとおっしゃっていました。

確かに自然光にあたり、様々な角度から拝観すると

表情が全く違います。

f:id:kanakotsushima0419:20180131222046j:plain

 

 

台座をみる度に思うのは、

観音さんの足型が可愛らしいということと

意外と細長いこと。

f:id:kanakotsushima0419:20180131202333j:plain

 

2. 中川仏師作 特製台座

今回、国安の観音さんは像高約110cmということで

KANNON HOUSEの台座の上にお立ちになると

ガラスケースに納まらないので、

今回特別に台座を作成しました。

 

オーダー先は中川大幹仏師。

長浜市のお隣、

伊吹山の麓 滋賀県米原市に住み数々の

仏像の修復もされています。

今回KANNON HOUSE用特注の台座を作ってくださいました。

f:id:kanakotsushima0419:20180202161756j:plain

 

中川仏師についてはこちらから

www.gaido.jp

観音さんの足下も確認しながら調整していきます。

f:id:kanakotsushima0419:20180202123603j:plain

 

3. KANNON HOUSEにて観音交代

(1)千手千足観音さんを梱包

東京で年越しとなった千手千足観音さん。

来場者数もとても多かったようです。

KANNONHOUSEにお越しになったことで

普段なかなか長浜へ行けないという方々が

たくさんご来場されたようです。

f:id:kanakotsushima0419:20180201111325j:plain

 千手千足さんの細かく繊細なお手を

少しずつ梱包していきます。

指先がかなり脆くなっているので、

手を包むのではなく腕と腕の間に薄葉紙を挟んでいきます。

たくさんのご縁をありがとう!

 

(2)国安の観音さんをお掃除

 続いて展示される国安の観音さん。

KANNON HOUSEの皆さんとご一緒に

筆やブロアーで埃を落とします。

特に筆で埃を落としてみると、

観音さんのお身体の線や彫ったノミ跡がわかり

とても勉強になります。

f:id:kanakotsushima0419:20180201111409j:plain

 

(3) 国安の観音さん 見どころ 

さて、国安の観音さんの見どころを紹介します。

制作年代:室町時代

像容:寄木造

  • ふっくらとした頬

どこから見てもふっくらとした頬。

やや下正面から拝観すると頬が強調された影響か、

口角がスッと上がっているように見えます。

  • 眉のライン

眉山から眉尻にかけてのラインがなだらかです。

このためか穏やかな表情になります。

また下から拝観すると眉のラインに影が入り、

観音さんの彫りが深いお顔立ちになります。

f:id:kanakotsushima0419:20180201111629j:plain

 

  • 綺麗な撫で肩

この観音さんもいくつか修復されていますが、

背面は制作当初のままであろうとされています。

女性のような見事な撫で肩です。

動きある正面に比べ、動きが小さい背面。

「動の正面、静の背面」な観音さんです。

f:id:kanakotsushima0419:20180201111530j:plain

 

4. KANNON HOUSEにてギャラリートークします!

国安の観音さんについて長浜城歴史博物館

佐々木学芸員がお話してくださいます。

今回は私も参加させていただき、

お話させていただきます。

  • 日時:2018年2月4日 11:00~/14:00~
  • 場所:東京都台東区上野2丁目14番27号 上野の森ファーストビル1階

f:id:kanakotsushima0419:20180201111911j:plain

 

www.nagahama-kannon-house.jp

 

ぜひお越しください!

 

 

【展覧会】「湖北の日本遺産・竹生島と菅浦」展

 

長浜市長浜城歴史博物館にて

企画展『湖北の日本遺産 竹生島と菅浦』が開催されます。

どのような展覧会かご紹介します。

 

 

f:id:kanakotsushima0419:20180119222307p:plain

f:id:kanakotsushima0419:20180119222405p:plain

 

1. 基本情報

・会期

2018年1月20日(土)〜2018年2月25日(日)

・開館時間

9:00〜17:00 ※入館は16:30

・休館日

会期中無休

・入館料

一般/大人(高校生以上)  400円

   小・中学生      200円

団体/大人(高校生以上)  320円

   小・中学生      160円

 ※団体は20名以上 

・公式ページ

www.city.nagahama.lg.jp

 

2. 展覧会概要

(1)日本遺産「琵琶湖とその水辺景観ー祈りと暮らしの水遺産ー」

今回の展示は

「琵琶湖とその水辺景観ー祈りと暮らしの水遺産ー」で

日本遺産に登録された「竹生島」「菅浦」に

フォーカスを当てた展覧会となります。

※日本遺産の公式ページはこちら

ja.biwako-visitors.jp

 

(2)竹生島

竹生島は神が住む島として知られています。

島内には宝厳寺と都久夫須麻神社があり、

宝厳寺の唐門は大阪城の遺構、

都久夫須麻神社は伏見城の遺構として知られ

国宝に指定されています。

そして60年に一度のご開帳の秘仏

大弁財天、千手観音は2037年ご開帳となります。

www.chikubushima.jp

 

(3)菅浦

中世の惣村の景観を残した地域。

 惣村とは鎌倉時代から室町時代にかけて

農民たち(※菅浦では漁民)の自治共同組織のこと。

村の自衛、共同地の管理、政治等を

菅浦の人だけで行なっていました。

http://matinami.o.oo7.jp/kinki1/nagahama-nisiazai-sugauratop.jpg※菅浦の街並み 

菅浦は昭和46年に奥びわパークウェイが開通するまで

車が通れる道もなく、文字通り「隠れ里」でした。

 そのため、外部からの影響を受けず

独自の慣習、景観を維持し続けています。

 

3. 展覧会主な出品

以下のホトケさんが展示されます。 

・木造聖観音立像(平安時代)67.5cm 

「竹生島 聖観音」の画像検索結果※観音ハウスにて撮影

 

・木造弁才天坐像(室町時代)38.5cm 

関連画像※「びわ湖・長浜のホトケたちⅡ」図録より

そのほか

重要文化財の菅浦文書、竹生島文書も展示されます。

菅浦文書は土地を巡った村同士の争いや

惣村内での裁判の様子を知ることができる貴重な資料です。

読んでみると当時の惣村の団結力の強さを

ヒシヒシと感じます。  

千年灸 お灸 つぼ 皮膚の弱い人、おだやかな温熱がお好みの方にぴったり!竹生島 340点入

新品価格
¥6,723から
(2018/1/27 14:35時点)

【拝観】観音納め まるで乾漆像な平安仏 赤後寺

湖北は雪降る日が増えてきました。

移住者としてはまた降った!

冬本番ですね!と言いたいところですが、

地元の先輩方がまだまだ〜とおっしゃるので

大きめのヒーターを買いました。

 

今年もあと2週間

あっという間に今年が終わってしまいますね。

本日は今年最後の観音さんのご縁日です。

ご縁日に集まれる人で集まって観音さんを拝観しましょう!

ということで下記のようなイベントを企画しました。

 

そして今年の観音拝観を本日、納めてきました。

 

湖北の観音―信仰文化の底流をさぐる

中古価格
¥1,200から
(2018/1/27 14:19時点)

 

 

 

1. 拝観前にレクチャー

初めて拝観される方向けにと思って

拝観の流れや注意事項、拝観時のポイントについて

拝観前に説明させていただきます。

今回の参加者はホトケさんをよく拝観される方々でしたので

簡単にお話させていただきました。

f:id:kanakotsushima0419:20171218183931j:plain 

 

 

2. じっくり拝観

レクチャーが終わる頃には本日の世話方さんが来られて

ご一緒に観音堂へ。

 

テープで少々観音さんについてご説明いただき早速拝観!

「うわぁ〜〜、素敵」

「お会いできてよかった〜!」

「何百年も前からこの土地を守っているんですね」

「お厨子がとっても立派」「井伊家と関係があるんですよ」

「賓頭盧さん、撫でられすぎてツルツル!でもなんとなく表情がわかる!」

 「この首から肩にかけての線が綺麗で」

「同じ観音さんでも胸のあたりの感じが違うのね」

f:id:kanakotsushima0419:20171218210521j:plain

 観音さんに対して感じたことをたくさん話しました。

世話方さんにとても丁寧に観音さんについてお話していただきました。

ありがとうございます!!

▼コロリ観音さんの由来についてご紹介いただく

f:id:kanakotsushima0419:20171218232608j:plain

 

3. 赤後寺の観音さん

簡単に赤後寺の観音さんについてご紹介します。

 

赤後寺には千手観音さん、聖観音さんがいらっしゃいます。

このお二方の特徴は頭から体までの一木造りで

千手観音さんは173.6cm、聖観音さんは182.8cmと現代でもモデル体型です。

またお身体を 漆に砥の粉や地の粉などを混ぜた「錆漆」が厚いためか

木心乾漆像のようにも見えて奈良時代にお生まれにも見えます。

 

どちらの観音さんも平安時代の作とされていますが、

▼千手観音さんは少々目元がキリリとしていて鼻も鋭角で脣も厚め。

f:id:kanakotsushima0419:20171218223557j:plain

 ※ 写真『高月町史』より

聖観音さんは目鼻のラインがなだらかで唇は薄め。

f:id:kanakotsushima0419:20171218223644j:plain

 ※写真『高月町史』より

観音堂には木造のツルツルになった賓頭盧(びんずる)さん

身代わり観音と呼ばれる15cmほどの小さな観音さんが

いらっしゃいます。

 

4. 冬季拝観に注意

今日は天気に恵まれ、ポカポカしていましたので 

雪解けで木々から大きな滴や雪が落ちてきました。

冬は雪のためお堂をお守りすることが大変で

それは積雪の日は足元が危なく、

雪解けでは雪崩や木々から落ちてくる雪の危険性がり

長浜のお堂では冬季拝観不可も多い理由も納得です。

冬の長浜は景色も良く、

琵琶湖にはオオワシも到来しますが

観音さんたちは春までおやすみされますので

ご注意くださいませ。

 

最後に

お供物に誘われてムササビも来襲するので、

お堂の扉は開けたらきちんと閉めることを

忘れないように注意しましょう!

f:id:kanakotsushima0419:20171218232431j:plain

近江観音の道―湖南観音の道・湖北観音の道 (近江歴史回廊)

中古価格
¥322から
(2018/1/27 14:20時点)